クレジットを解約する際の手続き自体は全くもって取っ付きやすいことではありますが解約するに際して見ておきたいポイントも認識しておくだけで、使用取りやめの作業を滞りなく終わらせることが簡単になると思われます。箇条書きに整理致しましたからもしもの時は気をつけて役立ててください。クレカ発行を終えた後時間をおかずいきなり解約を行ってしまうのは非推奨≫クレジットカード発行したのちいきなり当のクレカを無効化をしてしまうと悪質な顧客などというように取り扱い会社の評価においてラベリングされることが起こってしまいます(特殊な例として頻繁に手続き→解約をやってしまったというとき)。特筆すべきは登録時のギフトカードのプレゼントのゲットが目的である申請のケースでは、ギフト券あるいはポイントというような登録した時の特典を手に入れた瞬間直ちに登録解除をしたいと思うようになってしまう衝動も理解できますが当事者側の観点から考えれば相手のことを考えない利用者に対しては一切自分の会社によるクレジットカードを使って無用な損失を出したくないと利用者を切り捨てるのは当然。だから、たとえ登録時のプレゼントだけを目当てにクレジットをを申請してしまった時でも焦って解約実行せずまずは半年、1年所持しているクレジットを契約を破棄せず契約解除の電話はその後で行うということを推奨したいと思います。また申請時のプレゼントに限定せず作って財布に入れてはみたのはいいが使う機会がないのでなどと考えてしまう様な場合にあっても最低でも発行してから半年経過するまではカードを所有して下さい。利用者側が予想するのとは裏腹にカードという代物を事務作業等を含めて発行する際にかかる費用はかかるものなので、ほんの少しでも手間を減らしてあげよう・・・というように思って頂けるならばクレジット会社も助かるだろう