任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲内で補えない補償が可能になる重要な保険です。アーセナル

これは任意の保険。美甘麗茶

自動車損害賠償責任保険の上乗せということで働きますので自賠責保険で補える限度額を超えた時に役立ちます。

それに、自賠責保険には物的損害に対しては補償が受けられないので物的損害をカバーする時には任意保険にも入ることをお勧めします。

現時点で任意保険の保険料を支払い済みの自動車を乗り換える際は、国産メーカーの自動車もしくはアメ車などことは関係なく残金が返金されます。

国産車の売却の際も同様です。

自賠責保険は、普通はかけたままにしておくのが常識になっていますが任意保険というのは誰でも加入する保険ではないですから中途解約になります。

そして、任意保険を中途解約後は、既に 納付済みの残っているお金が戻ってくることになります。

中古車売却が決定したと言ってもすぐさま任意保険の契約を解約するという選択肢は危険です。

当たり前ですが早く契約解除するとそれだけ返還される金額は多くなりますが、もしも車買取店が離れた地域にあるため自分で乗っていくということになった際は、保険なしで運転をするはめになります。

もしもの時を考えて万が一にももう自分で車の運転をすることはない状況になるまでは任意保険のキャンセルの手続きはすることがないようにしなければなりません。

車を売りすぐ他の自動車に買い換えるのでしたら問題ないと思いますが仮に車に乗らないような状態が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったら任意保険未加入の期間があると、以前入っていた時の任意保険の等級が下がってしまい、保険料の金額が上がってしまいます。

このような状況は「中断証明書」という書類を発行してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」があることで最長で10年は契約解除前の任意保険の等級を引き継ぐことができます。

これは、13ヶ月以内であれば発行依頼をすることができますので既に自動車を売却済みで、「中断証明書」という書類を発行していない状況でしたら保険代理店にその旨を伝えてください。

もしもあなたがまたクルマを買うことになって、前に乗っていた自動車を買取依頼するのならば任意保険は片方のみの契約です。

保険の切り替えということですから、乗る必要がある自動車であれば買取まで注意しなければなりません。

そして任意保険という保険は車両により価格が大きく異なってきますので、中古車売却の際は任意保険の保険料を検討する良い機会になるでしょう。