破産の申し立てまで訴訟の提起というような法による手続きは許されます。

そして破産の作業に入ったのち実行までに無駄な手数があった際には提訴される危険性が上がります。

債権保有人サイドとしては負債の返金もせずに、それでいて自己破産のような法的なプロセスもされないという状況であれば組織の中で終了処理をすることができないのです。

結局、裁判によってどういうふうな決定がされようとも破産手続きの本人に債務を完済する器量はないわけです。

取り立て屋もそういったことは認識の上、提訴などといった無茶なやり方で都合よく和解決着にし返金させるなり債務人の家族や血族に返金してもらうことを狙っているケースもありえます。

※西暦2005年1月1日に改正となった新しい破産の法のもとでは破産の申し立てをした後は差し押さえなどの司法的な要請に関しては効果を失うことになります。

前の破産法の場合と異なって訴訟の提起などをしたとしても無駄なと考えられるということで、実際に裁判をしようとする取立人はほぼすべて消えてなくなると考えます。

その意味合いでも、2005年の1月1日の改正以降、自己破産は過去より申し込みやすくなったと思われます。

返済督促のケースにおいては督促というのは法が債務者に直接、返済額の払込をしなさいということです。

スタンダードな審議をするケースとは違って、取り立て屋の都合の良い発言を受けて行われるため普通な審理のように費用が大きくならないので、取立人がよくとる法的手段です。

督促の申請があると裁判所から通知が配達されることになって、それが送られてきてから2週間が経つと、取立人は負債者の財産(給与も含む)に関して差押え行為が実行可能になります。

支払督促に対し異議をなすことができれば一般の審議に変わることになると思われます。

(注)オーソドックスな審理は長期化しがちなものですので、免責がもらえるまでには裁定がおりない可能性が高くなることに注意しましょう。