【全損】とはその名が示すように車の全部が壊れてしまう状態走れない等自動車としての役割を果たさなくなった際に判断されますが車の保険で『全損』は多少なりとも同義ではない内容が込められていたりします。自動車保険のケースでは乗用車が破壊された状況で『全損と分損』という風に2つの状態分類され「分損」は修理の費用が保険金内でおさまる事を示し、「全損」とは修理費が補償額を超えてしまうことを言い表します。普通、修復で(全損)というと車の心臓、エンジンに決定的な打撃があったり骨組みが曲がってしまったりして修理が不可能な場合、リユースか廃車になるのが当たり前です。けれど、自動車の事故を起こして業者や車の保険屋さんがかかる修復費を見積もりした状況で、表面がしっかりとして修復が可能である場合でも修復のお金が保険金よりも大きかったら何の目的のために車の保険に加盟しているのか分からなくなってしまうでしょう。そのようなときには、『全損』と判定して自家用車の所有権を車の保険の会社に引き渡して保険金を貰う事になっています。当たり前ですがかなりの期間使用したマイカーで執着があり、自費で修理して所持したいと思うひとはけっこういますので場合によって自動車の保険屋さんと相談するといいと思います。自動車の保険ではそういう時が想定され特約など『全損』のために特約がある状況が多々あり万一マイカーが《全損》なったケースでも車を買い換えるなど代金を一部分補償してくれる場合もあったりします。さらに盗難にあった時の保険金の特約をつけるならば、盗難にあったマイカーがどこかへいってしまった場合も(全損)の扱いとなり、補償金が払われることになっているようです。