車保険の一形態として、代理店方式の車保険と言われているものがありますが、みなさん御存知ですか。代理店経由の自動車保険というのは店舗を通してカー保険の手続きをするマイカー保険のことです。それでは、代理店申込みのカー保険についてはどういうアドバンテージと欠点が知られているかを解説します。代理店申込みのクルマ保険の大きな特長は自動車用保険の担当者と質疑応答可能という点です。クルマ保険を自分で分析しようとしても専門の言葉が理解できなかったりどの補償が大事か見当がつかないという事態に陥りがちです。その上、関連する知識を得てから自動車用保険を選択しようとしてもとても大変な調査が必須になるでしょう。余力がある人に対してはかまわないかもしれませんが労働しながらマイカー保険の専門用語を学習することは至極重労働でしょうしかなり煩雑なことと思われます。ですが、代理店申込みの自動車保険を選択すると自動車保険の知識がゼロでも、専門家がいるために、相談者が知識を頭に入れておく必要性が存在しません。かつ会話が可能ですから確実に相談者に合ったマイカー保険が見つかるはずです。話は変わって代理店タイプのマイカー保険の欠点は、特定の自動車用保険からしかマイカー保険を検討することが認められないことと、費用の増加と言えます。基本的に代理店側は販売している商品をアピールしてくる傾向があるので指定のカー保険から保険を選択しないといけません。それゆえ選択肢がシステム的に狭まるという問題が知られています。かつ、別企業を仲介していることで、料金が高額になるという短所も大きいです。