自動車重量税、通称重量税というものは、日本の自動車や外国の車という自動車の生産している国やプラグインハイブリッド車、ハイルーフ車など車の形状も全て同じで例えば、ダイハツやメルセデスベンツ、などにも一般的に負担をしなくてはいけないものです。

新車を登録する際あるいは定期的にある車検を受けるさいに納付するものになります。

その納付税額はそれぞれのクルマの大きさ毎に定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」は全然違うものなので、基礎となる税金を理解して一緒にしないようにしてください。

「自動車重量税とは大きさ毎に」「自動車税とは自動車のリッター数により」その税額が違います。

そして引き取りの際の扱いも異なってきますので、注意しなければなりません。

車の売却の際には既に納めた車の税金がどれだけ残っていてもその税金が戻ってくることはありません。

一方で、自動車税の場合は支払った金額を買取金額に足してくれるケースがありますが重量税については足される場合はあまりないはずです。

重量税というのは車を売るときに支払った税金があるからと言って自動車買取専門店にてそのことが忖度されることはまずないと思います。

そのため次回の支払い、要は次回の車検まで売却を保留し手放すという手法が無駄がないです。

自動車売却の際は考慮していただけない重量税でも、一定の条件の場合だと返還される可能性があります。

この事例というのは、次の車検までの期間が残ったままの廃車にする時。

つまり、抹消登録をした場合残存期間に応じた金額が返ってきます。

ただし中古車買い取りの時はそのクルマが廃車になるわけではないので返金されません。

それに、自動車の名義を変更してしまった時や盗難にあった場合も返還してもらうことは不可能です。

重量税が残っている期間があるクルマを売却するというのは車検の効力が残っている自動車ということと同じです。

それを業者も考慮しますから重量税の期間が残っていれば、査定額が上乗せされることでしょう。

当然、買取額は業者により違ってきますが車検が残っていることを考慮していただければ自動車の査定額と比べるとあまり払い損と考えることもありません。