商店でどれもの保有カードが使用可能なのでもありません。スチームクリーナー

■クレジットカード会社の加入店はおおむね、多くのクレカの会社に入っていますがちょっと不便ですが店舗で全部のサービスの所有クレジットカードが使用可能なのでもありません。

昔からあるお店の際だとJCBの書いてあるそのクレジットカードしか決済不可な場合もあるし最近できたショップだとVISAやMasterCardといった印の書いたクレカだけしか決済できない場面もあります。

銀聯みたいなクレジットカード会社の場合はいっそう決済できないお店が多いでしょう。

何の所有クレジットカードが切れるかをどうやって判断したらいいの?「だったらどのような方法で何の所有クレカが使用できるかを判断したら良いか?」という質問だけど、きちんとしたことを理解するにはお店の人に尋ねてみる以外ないというのが残念ながら正しい回答です。

ただ大部分のお店やレストランには店舗前のエントランスのところとかに使用できるカード会社のサインが入った認証ステッカーが貼り付けられているので「へー、その店舗はアメックスが使用できるんだな」といった感じで迷わないようになっているため記憶にとどめておいてください。

しっかり管理が出来ていない加入店舗で決済する場合には、ロゴマークが掲げられている場合でも「今は××クレカはお受けいたしかねます」みたいな答えをもらってしまうなんてこともないといえなくもなくあたふたしてしまうこともあるでしょう。

お勧めとしてはできる限りより多くの加入店舗でクレカが決済できるようにしたいならば異なる印(海外マーク)が入っている一般的なMasterCard、JCB、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、というようなクレカを2枚以上携帯するようにして欲しいと思います(例えば:VISAカードを使っているなら二枚目はディスカバーカード付属のクレカを申し込むなど等)。

特に日本ではVISAカード、MasterCard、JCBの3つのブランドが書いてあるクレジットカードをいつも使っていれば間違いなくほとんどの加盟店舗で少なくとも1枚のカードを差し出す機会があります。

クレジットカードを使用してスマートな支払いを目指すならば、しっかりとこれらのクレカを使えるようにしておいていただくようお勧めします。